VISION 6

ブランド戦略の展開

SNS等を活用した情報発信や、効果的な広報活動を実施。
また、卒業生が同志社人であることを
幸せに感じる大学であり続けるため、
在学生との交流、卒業生同士の交流など
生涯にわたって絆を深めるための活動を展開していきます。

Now

広がる“同志の絆”
新たな魅力を生み出す

「同志社大学の現在(いま)」動画の公開

2020度のホームカミングデーは新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、やむを得ず開催中止となりました。
そこで、コロナ禍においても学びをとめない本校の今の姿を伝えるべく、「同志社大学の現在(いま)」動画を制作・公開しました。
教員や学生へのインタビューを通じて、授業やクラブ活動、就職活動など学生生活全般において、コロナ禍でも試行錯誤を重ねながら前に向かって進んでいる様子を伝えています。

Check it! 同志社大学の現在(いま)

To the Future

更なる飛躍へ
同志社の次なる挑戦

ブランディングの強化と推進

志願者の獲得、卒業生との連携強化、国内での認知向上、国際的知名度の向上等の目的別に重点国・地域を位置づけ、的確な情報発信・広報活動期間の設定に取り組み、ブランド・イメージの更なる進化を図ります。

「同志社大学 2025 ALL DOSHISHA募金」の推進

募金の依頼先に応じて設置した部会を中心に同志社校友会をはじめ卒業生との連携をより一層深め、その支援を得ながら募金活動を強化し、卒業生、保護者、教職員などを対象とする個人への募金活動と、企業・団体への募金活動を推進します。

Achievement

これまでの主な取り組み

  • 東京サテライト・キャンパスでメディアセミナーを実施
  • 大学公式twitter、大学公式微博(Weibo)開設
  • Googleストリートビューを活用したキャンパスの紹介
  • AERAムック大学シリーズ『同志社大学 by AERA』を全国の書店で販売
  • ブランディング·サイト“Living in Doshisha”(英語)、“WHO ARE WE?”(日本語)を開設
  • 「『メディア・プロフェッショナル』実践講座」(科目名)を開講
  • 全国市長村長、東京メディア、九州メディアクローバー会を設立
  • 校友連携コーディネーター体制の構築
  • 「同志社大学2025 ALL DOSHISHA募金」協力体制の構築と推進
  • 校友会が一人暮らしの学生に対して食材購入支援を実施